アポ日記

感情の整理箱

雑務とこれからの未来のこと。

ずっと雨だったから、今日は久しぶりに晴れた。雨のせいで、部屋も外もジメジメしてたから、全く気持ちが乗らなくて、なんとなく活気がなかった。太陽の光って大事なんだね。浴びるだけで、絡まっていた糸が解け始めるんだから。日曜日だからと言って、遅く起きるわけでもなく、早く起きるわけでもなく、なんとも微妙な時間に起きた。損も得もしなかった。昨日、夜遅くまでラジオ聞いてたから、寝たの朝だし。今日は就活の準備をしなければならないのだ。エントリーシートや面接のために色々と雑務がある。もうやめてもいいんだけど、生きやすい環境を求めて、ちゃんと息ができそうな場所を探してる。そんな場所あるのかな。どこに行っても楽園なんてありそうには思えないけど、楽園までいかなくても2本の足で立てるような、生活に組み込めるような会社があればいいなって。自分がこんなにも繊細な感じだとは思わなかった。あんなに自分を掘り下げたけど、それでも分からないことも多い。掘り下げれば掘り下げるほど、自分ではない気がして、嫌になって、落ち込む。まさに社会の洗礼といったところでしょうか。面接向いてないなぁって思うわけです。会社辞めてくるという映画もできるくらいには、会社生活は深刻で目を背けられない。僕たちは新しい未来を作っていくと信じて生きているはずなのに、作る前に廃れそうになっている。生きていくのも辛い社会なんて壊していかなきゃ。生きづらい人の前に、少しでも救いの光が差し込んでいますように。

そんなこんなで、休憩がてら昼食食べながら撮りためたドラマとか見たり。昨日の聞きそびれたラジオの続き聞いたり。残っていたお菓子食べ切ったり。本返しに行ったり。洗濯したり。

家でテスト受けて、書いて、予定立てて、今週を眺めてみる。あぁ早く終わりたいな。ゆっくり本読んで、好きな勉強して、好きな音楽聴いて、奏でて、寝る。何もなくていいから、時間がゆっくり流れる過ごし方がしたい。誰にも邪魔されない最高な時間。全てが終わったら旅行もしよう。そうしよう。