これよみがし日記

感情の整理箱

クリスマスと思い出。

年末、サンタさんが運んでくれたのは少しの寒気と風邪でした。こんばんは。喉の奥がヒリヒリして、飲み込むと痛いくらいには腫れている。何を食べるにしても、痛さの方が優ってしまい、味がしない。食べる楽しみさえもなくなってしまったクリスマス。みなさ…

心臓共鳴絶対的

下北沢で演劇を見てきた。正確にいうと上演中に撮影が入った時の映像を見た。いつ高二つと父母姉僕弟君を見た。(あってる?)演劇には馴染みはないけれど、漫才好きが高じて、生で演じるコントのようなコント以外のものが見たくて、それって劇じゃんと気付…

一人四面楚歌

空間に広がり行き詰まった不協和音たちがずっと耳に残っている。ブーブーブーという音が鳴り過ぎて、逆に心地よくなってきている。かれこれ5分くらい鳴っている。 久しぶりに忘年会へ行った。結婚式を5倍くらい大きくした忘年会で、スーツでバシッと決めて…

ほんとの声は

人を詰め込めるだけ詰め込んだ居酒屋の排気口から鈍い音が一定間隔で刻んでいる。生ぬるい風が肌を舐めるように伝う。道を行き交う人達が颯爽と歩いていく中、排気口の音だけが主張している。 最近、人がいる場所に顔を出すようになって人と話す機会がぐんと…

自惚れの戒

駅のホームで、足を組みながら三本先の電車を待っている。消しゴムの削りカスのような、いつ捨てられてもおかしくないような心持ちで待っている。たぶん今後ろから押されたら線路の下に落ちてしまいそうだ。というか、たまにアナウンスで「線路に人が立ち入…

自念脅迫観念

なんでそんなに窮屈そうなの?誰かにそう言われてるの? 二年おきに言われる言葉だ。別に誰にそうしろなんて言われたことは全くない。ここに居なさい、これをやりなさい。そんなことを言われたものならば途端にヘソを曲げてしまうような子だった。やだ、やり…

プーさんはずっとプーさん

この間、プーと大人になった僕を見た。というのももうすぐ上映期間が終わりそうだったので、映画館へ急いで駆け込んできた。プーさんだから、ちょっと幼児向けなのかな、でも大人になってるからな、どうだろうと気になってはいたので、ギリギリ間に合ってよ…

空いた穴は塞がらない

お久しぶりです。地面を照らす太陽が完全に姿を消し、か細い風が足元をすり抜ける季節になりましたね。つまり、寒い。 最近、友人を始め、有名人やいろんな人たちが結婚していく姿を見続けている。身近なお友達が幸せになっていくのを見守るのはとても嬉しい…

アバウトタイムを見た

たくさん寝た。死ぬほど寝た。眠ることで、頭の中が整理されているということが本当ならば、きっと明日はめちゃめちゃ頭の回転が早くなっているはず。酷使しちゃおうかな…。 昨日は、寝る前にアバウトタイムを見た。いつも予備知識を入れずに見るのですが、…

金曜日のパラダイス

今日は金曜日。花金。でも私は家にいる。それが現実で、それ以上でも以下でもない。家に帰って、こうして文字を書くことが幸せだと言い続けている人。嘘ではない。じゃあ本当なのかと言われたら、口籠るだろう。それくらいには曖昧で、私の好きは揺らいでい…

あの夏の思い出はずっとポケットにしまったまま

お題「最近見た映画」 最近観た映画「君の名前で僕を呼んで」 ティモシーシャラメ演じるエリオが、年上の大学院生オリヴァーに恋する瑞々しくて切ない夏の思い出の映画。これを観たときの感想は、うまく言葉にできなくて、すごくもどかしかった。心であの夏…

自分を好きになるということ。

なんなんだろう、このモヤモヤは。一人でいるって決めたのは自分なはずなのに、あの子の笑い声聞くだけで胸が締めつけられて、喉がキューっと苦しくなる。誰のせいでもない。自分で決めてそうしたのに、自分のせいで首を絞めているなんて思いたくない。 会社…

色あせないネタの話

ふとした瞬間に昔の記憶にタイムスリップすることがあって、全身が懐かしさに覆われる時がある。あの時にあーどうしようもなく好きだ、と思った感覚は割と覚えていることに驚きつつも、今とツボと少し変わったかもな、とも思う。どうしてあんなに笑っていた…

アイドルと憧れの話

ここ近年でアイドルという概念が多様化して、色々な種類のアイドルをお目にかかる機会が多くなった。可愛くて笑顔いっぱいの王道系から、引きこもりで人前に出るのが苦手なアイドルまで、バリエーションが豊富になってきていて、ちょっと目を離したら新グル…

感情と本と私。

ひとつひとつ文字を眺めながら本を読む。ここにある全ての文字が、心の奥底に潜む感情を表し、誰かの心へと移りゆく。まだ出会えなかった自分の扉をこじ開けてくれる。私の鍵穴はここ。そう言われるがままに導いてくれる。こんなにもたくさんの文字が、集合…

引きこもり、街に出る。

家から一歩も出ない毎日を過ごしていたから、久しぶりに遠出するだけでも息切れする。仕事先と家の往復は、何度も繰り返していると心地よくて、毎日と調和する。今日は、予定調和を壊して、少しばかり遠くの街に繰り出してみた。というか、お使いを頼まれた…

8月5日〜6日

七夕祭り。会場を2つはしごした。10キロは歩いた。汗が止まらない。 鴨川であゆビール。焼き鳥。 原住民と神社巡り。1つだけ。 カラオケ朝まで。昼からバイト。 足ガクガク。くらっくらっ。バタンキュー。

8月4日

疲れもなぜかたまってきてる。 ティファニー読了。 バイト。やたら人多かった。 あと怒られた。怒り方なぁ…。

8月3日

お昼から梅田。お好み焼き。オムそば。 心斎橋。たこ焼き。クリームソーダ。 バイト。

8月2日

ドラマ見返し。特にやることはなし。 友達から連絡がくる。会う約束をする。

8月1日

バイト。久しぶりの平日勤。

7月30日

木更津キャッツアイ4〜9話 4〜6話ストーリー筆 シュークリーム。イカの塩辛。キウィ。ゼリー。

1週間

1週間。それは1つを忘れて1つを思い出すのに丁度いい時間。すっかり忘れたよ、日記。書いても書かなくてもいいものだから余計に忘れる。たかが1週間、されど1週間。入る会社決めたり、髪の毛バッサリ切ったり、前から欲しかったマニキュア買ったり、歳…

当たり障りのない会話

小さな石ころに気づかずに踏んで転ぶ。転んだことを後悔しても後悔しきれなくて、痛みだけが身体中を駆け巡る。指先まで痺れる。痛いって素直に言えたらいいのに。体の中から外に出ることができない。この痛みも辛さも全部肉に吸収されていくのがわかる。痛…

好きなセリフとかその他諸々。

おはようございます。もう14時ですね。おやつの時間ですね。何食べました?私はわらび餅です。もちもちの食感は人を幸せにする。幸福。 7月19日ですが、今日は宮藤官九郎さんのお誕生日です。最近、ゆとりですがなにかがスペシャルドラマとして放送され…

7月18日

朝の5時ごろ目が覚めた。顔面蒼白とはこのことだ。1時間前に目覚ましをセットしたのに起きれなかった。絶望的すぎる。これから過ごす今日1日の流れが頭の中をぐるぐると回っていた。やばい。間に合わない。急いで、支度をして適当に家から出る。5時20…

東京へゆく。

今日もまた東京へ出張です。新幹線と夜行バス迷った挙句に、バスで行くことにしました。夜の街をふらふらするのが好きで、夜行バスの息苦しさの前に、夜の風にあたりながらどうでもいいことに思いを馳せている時の幸せ感はきっともう得られないだろうと思っ…

7月2日

夕方ごろから、焦って色々やらなきゃなって感じて、ちんたらしつつも家を出た。アァアアアアァ!くそたれが!お前はいつもギリギリにならないとできないやつなのか!バカ!そんなんだから、これまで就職とかうまくいってなかったんダロウ!しっかりセェ!心…

7月1日

もう7月か。夏真っ盛り。夏らしいこともできそうにないけど、お昼にみんなで食べたパスタのことを思い出すんだろう。机の上のお菓子とか、誰かが出張で持ってきたお土産を分け合ったり、人の生き様を聞いたり、そんなこともう一生ないんだろうなってたまに…

時の流れに身を任せ

ついつい忘れてしまいそうになる。ここに書くこともそんなにあるわけではないけれど、それでも文字をつないでいくことは今の自分には必要な気がしている。今日の気温や体調、歩いた道。そんなこともきちんと記録しておかないと忘れ去られてしまうようで寂し…